学習内容
  • 資本の元入れの処理
  • 資本の引出しの処理
  • 税金の処理

資本の元入れ

資本の元入れとは、お店を開業するときに、店主が自分のお金をお店に出資することです。

資本の元入れをしたときは、資本金の増加として処理します。
資本金は純資産なので、増えたら借方に記入します。

仕訳の確認

事例を使って確認しましょう。
【例8-1】を見てください。

【例8-1】
お店の開業にあたり、現金¥300を元入れした。

資本の元入れ

元入れをしたことで、資本金が増えます。
資本金は純資産なので、増えたら貸方に記入です。

資本の引出し

資本の引出しとは、店主が私用でお店の現金や商品を使うことです。

引出時の処理

資本を引き出したときの処理方法は2通りあります。
資本金で処理する方法と、引出金で処理する方法です。

資本金で処理する場合資本金の減少として処理します。
資本金は純資産なので、減ったら借方に記入です。

 一方、引出金で処理する場合引出金を借方に記入します。
引出金は、資本金のマイナスを表す勘定科目です。

仕訳の確認

事例を使って確認しましょう。
【例8-2】を見てください。

【例8-2】
店主の個人負担分の保険料を支払うため、現金¥100を引き出した。

資本金で処理する場合は、資本金を借方に記入します。

資本の引出し1

 

そして、引出金で処理する場合は、引出金を借方に記入します。

資本の引出し2

引出金返済時の処理

引き出した現金をお店に返したときの処理を確認します。

これは引き出したときの逆の処理になります。

引き出したときに資本金の減少として処理していた場合、返したときは資本金の増加として処理します。資本金は純資産なので、増えたら貸方に記入です。

一方、引き出したときに引出金で処理していた場合、返したときは引出金を取り消す処理をします。

仕訳の確認

事例を使って確認しましょう。
【例8-3】を見てください。

【例8-3】(【例8-2】のつづき)
店主がかねてお店から引き出していた現金¥100のうち、¥50を現金で返した。

・資本金で処理するケース

引出金返済時1

・引出金で処理するケース

引出金返済時2

仕訳を見ていただくとわかるとおり、引き出したときと逆の処理になります。

決算日の処理

ここまで、資本の引出しに関する処理として2つの方法を確認しました。

このうち、引出金で処理する方法の場合決算日に追加で処理が必要となりますので、確認しましょう。

資本金で処理する方法の場合は、決算日に何も処理しません。

資本を引き出したときに引出金で処理している場合は、決算日に引出金から資本金に振り替える処理をします。

仕訳の確認

事例を使って確認しましょう。
【例8-4】を見てください。

【例8-4】(【例8-3】のつづき)
決算日において引出金の残高¥50を資本金に振り替える。

引出金、決算日の処理

引出金は借方に残っていますので、これを資本金に振り替えるために貸方に記入します。

そして、資本金を借方に記入します。

引出金は資本金のマイナスを表す勘定科目でした。
決算日に引出金の残高を資本金に振り替えることで、資本金を減らす処理を行うわけです。

税金の処理

税金には「費用になる税金」と「費用にならない税金」があります。

費用になる税金は、固定資産税、印紙税、自動車税などのうち、事業にかかる分です。
これらは租税公課という勘定科目で処理します。
租税公課は費用なので、借方に記入します。
事業にかからない分については、資本の引出しとして処理します。

費用にならない税金には、店主個人の所得税や住民税などがあります。
これらは資本の引出しとして処理します。

仕訳の確認

事例を使って確認しましょう。
【例8-5】を見てください。

【例8-5】
店舗兼自宅建物にかかる固定資産税¥100を現金で支払った。なお、この税金のうちの4割は家計の負担分である。

租税公課

固定資産税100円のうち、4割の40円については、個人的な負担分であり、事業にかからない分なので、資本の引出しとして処理します。
資本の引出しの処理はさきほど確認した通りです。

そして、残りの60円については費用になる税金なので、租税公課で処理します。
租税公課は費用なので、増えたら借方に記入です。