日商簿記2級講座フルセット

価格・商品内容 商品概要
日商簿記2級フルセット

価格:9,980円(税込)

<商品内容>
・講義動画
・商業簿記テキスト
・商業簿記問題集
・工業簿記テキスト
・工業簿記問題集
・模擬試験問題

元大手予備校講師公認会計士が日商簿記2級を徹底的に研究し、「最速」で効率良く日商簿記2級に合格できるように作りこんだ教材です。

◆日商簿記3級合格レベルの方を対象に、120時間で本番の試験で80%以上(合格点は70%)の点数を獲得できるように教材を作成しています。

◆大手予備校の8分の1という圧倒的な価格で、大手予備校で講師経験のある現役の公認会計士の講座が受講できます

簿記2級講義動画
 
★ 全30回(7時間)★
<商業簿記:17回>
<工業簿記:13回>

【講義動画】

◆おさえるべきポイントをしっかりおさえた上で、たった7時間合格に必要なすべての論点を網羅

◆簿記に精通した元大手予備校講師が講義を担当

◆動画の利点を最大限に活かし、独学ではわかりにくい処理や帳簿の記入方法を動きで解説

◆オンライン講義なので「いつでも」「どこでも」視聴可能

 
簿記2級テキスト
 
★ 全30章(292ページ)★
<商業簿記 17章(154ページ)>
<工業簿記 13章(138ページ)>

【テキスト】

合格に必要な論点を選別し、わかりやすく解説

◆簿記に精通したプロだから教えられる問題の解き方のテクニックも掲載

講義を行う講師が責任をもってテキストを編集しているため、復習が効率的

◆多色刷りで図解を多用したはじめて勉強するのに適した構成

 
簿記2級問題集
 
★ 全104問(207ページ)★
<商業簿記 59問(121ページ)>
<工業簿記 45問(103ページ)>

【問題集】

◆過去問を徹底的に分析して「出る論点」を重点的に収録

◆過去の受講生の質問事項を反映し、より分かり易い解説を追加(随時更新)

◆講義・テキストからスムーズな移行ができるように、講義を行っている講師が作成

◆本番もバッチリ解けるように、本試験レベルの問題を収録

 
簿記2級模擬試験
★ 全6回 ★

【模擬試験】

◆過去の出題実績から重要論点を厳選して出題

◆本試験で解く問題・捨てる問題の判別ができるようになる

◆本試験と同じ出題形式・難易度で現在の実力がはかれる

詳しい解説付きなので、総復習にも最適

 
受講期限

ご購入後、日商簿記検定本試験が3回実施されるまで。
※例えば、2018年4月1日に購入した場合、①第149回(6月10日実施)・②第150回(11月18日実施)・③第151回(2019年2月24日実施)で本試験が3回実施されたとカウントし、2019年2月24日が受講期限となります。

さらに特典として

  • 受講期限内に教材の改訂や追加があった場合は、最新の教材を提供いたします。

受講期限内はいつでも最新の教材を提供します

試験勉強を始めたものの、お仕事や学校などが忙しくて勉強が進まず、惜しくも合格できなかった…
資格試験の勉強にはよくあることです。

残念ながら、最速簿記にできることは教材のお渡しやご質問対応など、あなたの学習をサポートするところまでです。

 

そこで、少しでもなんとかできないかと考えました。

 

最速簿記では、「受講期限内はいつでも最新の教材を提供する」というサービスを行っています。

受講期限内に教材の改訂や追加があった場合は、改訂後・追加後の最新の教材を提供いたしますので、常に万全の教材で学習することが可能です。

【申し込む前に要確認!】最速簿記は受講される方を限定しています

日商簿記2級・3級のオンラインスクール「最速簿記」は、講座を受講される方を限定しています。

次の条件のうち、ひとつでも当てはまる方のお申し込みをお待ちしております。

 

  • 公認会計士または税理士を目指したい方
  • 子育て中の方
  • 千葉県、福岡県、山梨県のいずれかの出身または在住の方
  • ディズニー大好きな方
  • アニメ・漫画・ゲームが大好きな方

 

上記のいずれにも当てはまらない方は、残念ですがこのページを閉じて別の教材で学習されることをおすすめします。

※最速簿記が受講される方を限定する理由につきましてはガイダンスページをご覧ください。

受講方法

受講申込みフォームにて必要事項をご記入のうえお申込みください。
こちらからお申込みに必要な情報(受講料振込先情報など)をメールにてご連絡いたします。
その後、受講料の振込確認ができ次第、教材のダウンロードや講義視聴に必要なパスワードをお知らせいたします。
 

日商簿記3級フルセット

学習内容(参考)

商業簿記

第1章 商品売買・サービス業
  • 三分法
  • 売上原価対立法
  • 仕入割戻し、売上割引
  • クレジット売掛金
  • 売上原価の算定
  • サービス業の処理
第2章 手形
  • 営業外支払手形・営業外受取手形
  • 手形の更改
  • 手形の不渡り
  • 電子記録債権・電子記録債務
第3章 銀行勘定調整表
  • 銀行勘定調整表とは
  • 不一致の原因
  • 修正仕訳
  • 銀行勘定調整表の作成
第4章 固定資産
  • 固定資産の割賦購入
  • 減価償却
  • 固定資産の売却
  • 固定資産の買換え
  • 固定資産の除却・廃棄
  • 固定資産の改良と修繕
  • 固定資産の滅失
  • 建設仮勘定
第5章 有価証券
  • 有価証券の分類
  • 売買目的有価証券
  • 満期保有目的債券
  • 子会社株式・関連会社株式
  • その他の有価証券
  • 端数利息
第6章 引当金
  • 貸倒引当金
  • 商品(製品)保証引当金
  • 売上割戻引当金
  • 返品調整引当金
  • 退職給付引当金
  • 賞与引当金
  • 修繕引当金
第7章 純資産
  • 純資産とは
  • 株式の発行①(会社設立時)
  • 株式の発行②(増資)
  • 株式発行費用
  • 剰余金の配当と処分
  • 株主資本の計数の変動
第8章 税金
  • 法人税等
  • 消費税
第9章 その他の論点
  • 合併
  • 無形固定資産
  • 研究開発費とソフトウェア
第10章 精算表と財務諸表
  • 決算の流れ
  • 精算表の作成
  • 損益計算書
  • 貸借対照表
第11章 本支店会計
  • 本支店間の取引
  • 本支店合併財務諸表
  • 帳簿の締切り
H29追加論点
第1章 圧縮記帳
  • 国庫補助金を受け取ったときの処理
  • 圧縮記帳
  • 圧縮記帳した固定資産の減価償却
H29追加論点
第2章 リース取引
  • リース取引とは
  • ファイナンス・リース取引
  • オペレーティング・リース取引
H29追加論点
第3章 課税所得の算定
  • 課税所得とは
  • 課税所得の算定
H29追加論点
第4章 外貨換算会計
  • 外貨建取引
  • 為替予約

H29追加論点
第5章 連結会計①

  • 連結財務諸表とは
  • 支配獲得日の処理
  • 支配獲得後の処理
H29追加論点
第6章 連結会計②
  • 内部取引高と債権債務の相殺消去
  • 貸倒引当金の修正
  • 手形取引
  • 未実現利益の消去(ダウンストリーム)
H30追加論点
第1章 税効果会計
  • 税効果会計とは
  • 税効果会計の対象となる差異
  • 税効果会計の会計処理
  • 法人税等調整額の表示
  • 減価償却超過額
  • 貸倒引当金繰入超過額
  • その他有価証券の評価差額金
H30追加論点
第2章 連結会計
  • 未実現利益の消去(アップストリーム)
H30追加論点
第3章 製造業会計
  • 製造業会計における財務諸表

工業簿記

第1章 工業簿記の基礎
  • 工業簿記とは
  • 原価計算とは
  • 原価計算の流れ
第2章 材料費の処理
  • 材料費の分類
  • 材料購入時の処理
  • 材料消費時の処理
  • 消費単価の計算
  • 消費数量の計算
  • 棚卸減耗費
  • 予定消費単価
第3章 労務費の処理
  • 労務費の分類
  • 賃金・給料支払時の処理
  • 賃金・給料の消費額の計算
  • 労務費の処理
  • 予定賃率
第4章 経費の処理
  • 経費の分類
  • 経費を消費したときの処理
第5章 個別原価計算
  • 個別原価計算とは
  • 製造直接費の賦課
  • 製造間接費の配賦
  • 原価計算表と元帳の記入
  • 製造間接費の予定配賦
第6章 部門別個別原価計算
  • 部門別計算とは
  • 部門個別費と部門共通費の集計
  • 補助部門費の製造部門への配賦
  • 製造部門費の配賦
  • 製造部門費の予定配賦
第7章 総合原価計算①
  • 総合原価計算とは
  • 仕掛品の計算①
     月初仕掛品がない場合
  • 仕掛品の計算②
     月初仕掛品がある場合
第8章 総合原価計算②
  • 工程別総合原価計算
  • 組別総合原価計算
  • 等級別総合原価計算
第9章 総合原価計算③
  • 仕損・減損とは
  • 仕損品の処理①
     仕損の発生点>月末仕掛品の加工進捗度
  • 仕損品の処理②
     仕損の発生点≦月末仕掛品の加工進捗度
  • 材料の追加投入①
     工程の終点で追加投入
  • 材料の追加投入②
     工程の途中で追加投入
  • 材料の追加投入③
     工程を通じて平均的に追加投入
第10章 工業簿記の財務諸表
  • 製造原価報告書
  • 損益計算書と貸借対照表
  • 原価差異がある場合の財務諸表
第11章 本社工場会計
  • 本社工場会計とは
  • 本社と工場の仕訳
第12章 標準原価計算
  • 標準原価計算とは
  • 原価標準の設定
  • 標準原価の計算
  • 実際原価の計算と原価差異の把握
  • 原価差異の分析① 材料費
  • 原価差異の分析② 労務費
  • 原価差異の分析③ 製造間接費
  • 勘定記入方法
第13章 直接原価計算
  • 直接原価計算とは
  • 直接原価計算の損益計算書
  • 固定費調整
  • CVP分析
  • 固変分解
 

日商簿記2級フルセットネット