学習内容
  • 現金過不足の処理

現金過不足の処理

今回は、決算整理のうち、現金過不足の処理を確認します。
仕訳はすでに学習済みです。

決算において原因が判明しない現金過不足は、雑損(費用)または雑益(収益)として処理します。

決算整理仕訳と精算表の記入の確認

事例を使って確認しましょう。
【例15-1】を見てください。

【例15-1】
決算日において、原因不明の現金過不足100円(借方)について適切に処理する。

決算整理前の精算表には、現金過不足100円が試算表欄の借方に記入されている状態です。

現金過不足の処理1

決算整理仕訳は、借方・雑損100、貸方・現金過不足100となります。

現金過不足の処理2 

この仕訳を精算表の修正記入欄に記入します。

現金過不足の処理3

借方が雑損なので、勘定科目欄の現金過不足の下の、雑の後のカッコに損と記入し、借方に100と記入します。

また、貸方が現金過不足なので、現金過不足の貸方に100と記入します。

 

次に、試算表欄の金額に修正記入欄の金額を加減して、損益計算書欄または貸借対照表欄に記入します。

現金過不足の処理4

現金は資産なので、貸借対照表欄の借方に記入します。
修正記入欄の記入が無いので、試算表欄の金額をそのまま貸借対照表欄に記入します。

現金過不足は、試算表欄の借方に100、修正記入欄の貸方に100なので、残額が0となり、記入は無しです。

雑損は費用なので、損益計算書欄の借方に記入します。
修正記入欄の借方に100とあるので、これを損益計算書欄の借方に記入します。