「第3章 商品売買」の記事一覧

第3章 第2節 商品の売上

254PV

第3章 商品売買
商品売買

商品を売ることを「売上げる」といい、商品を売上げた場合『売上』(収益)を認識します。また、売上代金をその場で現金や小切手で受け取るのではなく、後払いとし商品を売上げることを「掛売上(掛で売上げる)」といい、この場合には、代金を後で受け取る権利が生じるため『売掛金』(資産)を認識します。

第3章 第1節 商品の仕入

285PV

第3章 商品売買
商品売買

売るための商品を購入することを「仕入れる」といい、商品を仕入れた場合『仕入』(費用)を認識します。また、仕入代金をその場で現金や小切手で支払うのではなく、後払いとし商品を仕入れることを「掛仕入(掛で仕入れる)」といい、この場合には、代金を後で支払う義務が生じるため『買掛金』(負債)を認識します。

ページの先頭へ