現在サイトをリニューアル中です

第2章 現金・当座預金

第2章 現金・当座預金

第2章 第5節 小口現金

会社では、通常、経理部(会計係)が帳簿作成やお金の管理をしています。しかし、経理部以外の各部署で交通費や切手代などの細かい支払いが必要な場合もあり、これに備えて少額の現金を事前に各部署(小口係)に前渡しする場合があります。このように前渡しした少額の現金のことを「小口現金」といいます。
第2章 現金・当座預金

第2章 第4節 当座借越

通常、当座預金口座の残高を超える金額の小切手を振り出すことはできませんが、銀行と当座借越契約を結ぶと、一定の限度額の範囲でこれが可能となります。
第2章 現金・当座預金

第2章 第3節 当座預金

「当座預金」とは、企業や個人事業主が業務上の支払いに利用する無利息の預金で、この当座預金口座を開設すると小切手を利用することができるようになります。当座預金は資産なので、増えたら借方、減ったら貸方に記入します。
第2章 現金・当座預金

第2章 第2節 現金過不足

「現金過不足」とは、現金の帳簿残高と実際有高が一致しない状態です。現金過不足が判明した場合には、現金の帳簿残高を実際有高へ修正します。修正するときには『現金』が増減することになりますが、このときの相手科目は『現金過不足』を使います。
第2章 現金・当座預金

第2章 第1節 現金

「現金」と聞くと100円玉や千円札のように硬貨や紙幣をイメージされると思いますが、簿記上の現金の範囲はもっと広いです。現金は資産なので、増えたら借方、減ったら貸方に記入します。
第2章 現金・当座預金

簿記3級 無料テキスト 第2章 現金・当座預金

公認会計士・元大手予備校講師が運営する簿記3級の対策予備校『最速簿記』の無料テキストページです。今回は第2章 現金・当座預金の講義です。効率良く、最短で簿記3級に合格できるように教材が作成されております。是非、他の教材と比較してみてください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました