現在サイトをリニューアル中です

第5章 貸付金・借入金

第5章 貸付金・借入金

第5章 第2節 手形貸付・手形借入

通常、お金の貸し借りは借用証書を用いて行われますが、これに代えて手形を用いることがあります。この場合には、貸付側は『手形貸付金』(資産)として処理し、借入側は『手形借入金』(負債)として処理します。
第5章 貸付金・借入金

第5章 第1節 貸付金・借入金

取引先とお金の貸し借りを行った場合、貸付側では、あとでお金を返してもらえる権利が生じるため『貸付金』(資産)として処理します。これに対し、借入側では、あとでお金を返す義務が生じるため『借入金』(負債)として処理します。
第5章 貸付金・借入金

簿記3級 無料テキスト 第5章 貸付金・借入金

簿記3級の無料テキストのページです。今回は第5章 貸付金・借入金について説明しております。このテキストと完全にリンクする無料講義動画も同時に配信しております。是非一度ご覧ください。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました