固定資産購入時

固定資産とは、土地・倉庫・棚・トラックなど、長期間使用することができる資産をいいます。

固定資産を購入した場合には、『土地』・『建物』・『備品』・『車両運搬具』など、それぞれの固定資産を示す具体的な勘定科目を用いて処理します。なお、購入にかかった価額を「取得原価」といい、固定資産それ自体の価額(購入代価)のみならず、購入手数料など購入するためにかかった費用である付随費用も含めて計算します。

【例7—1】

商品陳列用の棚を5,000円で購入し、代金は運送費500円とともに小切手を振り出して支払った。

固定資産1