1.現金の範囲

現金」と聞くと100円玉や千円札のように硬貨や紙幣をイメージされると思いますが、簿記上の現金の範囲はもっと広く、次のような通貨代用証券も現金として扱われます。

簿記上の現金

2.現金の処理

現金は資産なので、増えたら借方減ったら貸方に記入します。

現金の処理