第149回(6月10日実施)、日商簿記検定3級を受験されたみなさま、本当にお疲れ様でした!

いかがでしたでしょうか。

 

これまでの勉強の成果を発揮し、合格を確信されている方もいれば、思わぬミスをしてしまい途方にくれている方など、さまざまかと思います。

この記事で今回の試験を振り返っていただき、その後はしばらく試験のことは忘れてゆっくりされるのもよいのではないでしょうか。

 

それでは、第149回日商簿記検定3級の解答・解説をしていきましょう!

第149回日商簿記3級の出題論点

今回の日商簿記3級の本試験で出題された問題は次のとおりです。

第1問 仕訳5問
①手形貸付け
②売上諸掛り
③貸倒れ
④広告宣伝費・支払手数料
⑤備品の売却
第2問 総勘定元帳(経過勘定)
第3問 合計残高試算表
第4問 理論の穴埋め問題
第5問 貸借対照表・損益計算書

オススメの解答順序と時間配分の目安

  配点 解答順序 時間配分
第1問 20点 1 15分
第2問 10点 2 15分
第3問 30点 5 40分
第4問 10点 3 5分
第5問 30点 4 35分
見直し 6 10分
合計 100点 120分

 

全体的に基本的な問題が多く、努力がそのまま点数に反映される試験だったといえます。

第3問と第5問に十分な時間をあてられたかどうかがポイントでした。

第1問 仕訳問題(配点20点)

5問すべて基本レベルの問題でした。ぜひとも満点を確保したいところです。

 

問1 手形貸付け

手形貸付金  600,000  普通預金  594,000 
     受取利息 6,000 

細かい論点ではありますが、簡単な仕訳なので正解してほしい問題です。

 

問2 売上諸掛り

売掛金  490,000  売上  480,000 
    現金 10,000 

売上諸掛りは掛代金に含める旨の指示がありますので、売掛金に含めて処理します。

 

問3 貸倒れ

貸倒引当金 50,000  売掛金  130,000 
貸倒損失 80,000    

貸倒引当金の残高を超える貸倒れは貸倒損失で処理します。

 

問4 広告宣伝費・支払手数料

広告宣伝費 35,000  普通預金 35,300 
支払手数料 300    

 

問5 固定資産(備品)の売却

備品減価償却累計額 560,000  備品  700,000 
未収入金 20,000    
固定資産売却損 120,000    

 

第2問 総勘定元帳(経過勘定)(配点10点)

保険料と前払保険料の総勘定元帳を記入する問題です。

(イ) 前払保険料
(ロ) 損益
(ハ) 次期繰越
(a) 14,000
(b) 15,400

 

1/1 当期首の再振替仕訳

保険料 14,000 前払保険料 14,000

24,000÷12ヶ月×7ヶ月=14,000

 

8/1 保険料の支払い

保険料 26,400 現金 26,400

 

12/31 決算整理仕訳

前払保険料 15,400 保険料 15,400

26,400÷12ヶ月×7ヶ月=15,400

 

第3問 合計残高試算表(配点30点)

合計残高試算表を作成する問題です。

内容は基本的なものばかりですので、じっくり時間をかけて7~8割の正答率を目指したいところです。

 

~ステップ1~

資料を読み、仕訳する。

第3問 合計残高試算表 仕訳

 

~ステップ2~

ステップ1で行った仕訳を集計し、合計残高試算表に記入する。

第3問 合計残高試算表 解答

第4問 理論の穴埋め問題(配点10点)

理論の穴埋め問題です。

やや難易度の高い問題でしたが、選択肢から語句を選ぶ形式ですので、部分的に点数を拾えたのではないでしょうか。

第5問 貸借対照表と損益計算書(配点30点)

貸借対照表と損益計算書を作成する問題です。

基本的な内容でしたので、しっかりと得点しておきたい問題でした。

 

~ステップ1~

資料を読み、仕訳を行う。

第5問 貸借対照表と損益計算書 仕訳

 

~ステップ2~

ステップ1で行った仕訳を集計して貸借対照表と損益計算書に記入する。

第5問 貸借対照表と損益計算書 解答

予想合格率と総評

合格率は45%前後と予想します。

前回に引き続き、基本的な内容がほとんどで努力が報われる試験でした。

最速簿記は予備校品質の講座をリーズナブルに提供!

日商簿記検定の受験対策オンラインスクール『最速簿記』では、大手予備校で講師経験のある現役の公認会計士が予備校品質の講座をリーズナブルに提供しています。

簿記3級講座 3,980円(税込)
簿記2級講座 9,980円(税込)

 

日商簿記3級フルセット