第144回(11月20日実施)、日商簿記検定3級を受験されたみなさま、本当にお疲れ様でした!

いかがでしたでしょうか。

これまでの勉強の成果を発揮し、合格を確信されている方もいれば、思わぬミスをしてしまい途方にくれている方など、さまざまかと思います。

この記事で今回の試験を振り返っていただき、その後はしばらく試験のことは忘れてゆっくりされるのもよいのではないでしょうか。

それでは、第144回日商簿記検定3級の解答・解説をしていきましょう。

 

第144回日商簿記検定3級の試験問題と解答・解説

オススメの解答順序と時間配分の目安

  配点 解答順序 時間配分
第1問 20点 1 10分
第2問 8点 2 10分
第3問 30点 5 40分
第4問 12点 3 15分
第5問 30点 4 35分
見直し 6 10分
合計 100点 120分

 

第1問 仕訳問題(配点20点)

満点を十分狙える比較的易しい問題でした。

 

問1 売上戻り(返品)

(借)売上72,000 (貸)売掛金72,000

売り上げたときの逆仕訳です。

 

問2 預金の預替え

(借)当座預金100,000  (貸)普通預金2,100,000

(借)定期預金2,000,000

または

(借)当座預金100,000  (貸)普通預金100,000

(借)定期預金2,000,000 (貸)普通預金2,000,000

普通預金を2,100,000円減らし、当座預金を100,000円、定期預金を2,000,000円増やします。

問題文の当座借越契約に関する記述はダミーデータです。

 

問3 消耗品の購入

(借)消耗品費30,000 (貸)未払金30,000

勘定科目一覧に消耗品費勘定がある(消耗品勘定はない)ため、消耗品費で処理します。

 

問4 貸倒れ

(借)前受金200,000  (貸)売掛金800,000

(借)貸倒損失600,000

800,000円のうち200,000円については、かねて注文を受けた際に受け取った手付金(前受金勘定で処理済み)と相殺します。

そして、残額の600,000円については貸倒損失で処理します。

 

問5 手形の振出し

(借)買掛金250,000 (貸)支払手形250,000

(借)通信費500   (貸)現金500

郵送代金は通信費で処理します。

 

第2問 固定資産の勘定記入(配点8点)

備品勘定と備品減価償却累計額勘定を記入する問題です。

問題の資料から、備品Cは当期に購入したことがわかるため、備品勘定の前期繰越の金額は備品Aと備品Bの合計になります。

 

解答ア:備品勘定の前期繰越

460,000円(備品A100,000円+備品B360,000円)

 

解答イ:備品勘定の当座預金

180,000円(備品C)

 

解答ウ:備品減価償却累計額勘定の前期繰越

84,000円(備品Aと備品Bの前期末までの減価償却費の合計)

※備品A・・・100,000円×0.9÷5年×3年=54,000円

 備品B・・・360,000円÷4年×4か月/12か月=30,000円

 合計・・・54,000円+30,000円=84,000円

 

解答エ:備品減価償却累計額勘定の減価償却費

163,000円(備品A・備品B・備品Cの当期の減価償却費の合計)

※備品A・・・100,000円×0.9÷5年=18,000円

 備品B・・・360,000円÷4年=90,000円

 備品C・・・180,000円÷3年×11か月/12か月=55,000円

 合計・・・18,000円+90,000円+55,000円=163,000円

 

第3問 合計試算表の作成(配点30点)

平成28年10月中の取引にもとづいて、平成28年10月31日の合計試算表を作成する問題です。

資料が日付別に与えられているので、二重仕訳を考慮する必要はありません。

取引量は若干多いですが、難易度は低いのでケアレスミスに気をつけることで満点を狙える問題でした。

特に、作成する試算表の種類(残高試算表or合計試算表or合計残高試算表)に注意が必要です。

 

~ステップ1~

資料を読み、仕訳する。

 

10月3日の仕訳

(借)売掛金400,000 (貸)売上400,000

 

10月4日の仕訳

(借)広告宣伝費25,000 (貸)普通預金25,200

(借)支払手数料200

 

10月5日の仕訳

(借)修繕費40,000 (貸)現金40,000

 

10月6日の仕訳

(借)当座預金492,000 (貸)受取手形500,000

(借)手形売却損8,000

 

10月11日の仕訳

(借)所得税預り金4,000 (貸)普通預金4,000

 

10月12日の仕訳

(借)仕入275,000 (貸)買掛金275,000

 

10月13日の仕訳

(借)仮払金30,000 (貸)現金30,000

 

10月14日の仕訳

(借)売掛金750,000 (貸)売上750,000

 

10月17日の仕訳

(借)旅費交通費34,000 (貸)仮払金30,000

            (貸)現金4,000

 

10月18日の仕訳

(借)現金100,000 (貸)普通預金100,000

 

10月20日の仕訳

(借)支払手形200,000 (貸)当座預金200,000

 

10月25日の仕訳

(借)給料153,000 (貸)所得税預り金3,000

         (貸)普通預金150,000

 

10月26日の仕訳

(借)租税公課3,000 (貸)現金3,000

 

10月27日の仕訳

(借)仕入560,000 (貸)支払手形560,000

 

10月28日の仕訳

(借)通信費8,000   (貸)普通預金64,000

(借)水道光熱費24,000

(借)資本金32,000

 

10月31日の仕訳

(借)買掛金70,000   (貸)普通預金701,000

(借)支払手数料1,000

(借)普通預金950,000 (貸)売掛金950,000

 

~ステップ2~

ステップ1で行った仕訳を集計し、合計試算表を記入する。

 

第4問 仕訳日計表(配点12点)

平成28年10月1日の取引にもとづいて、仕訳日計表・総勘定元帳の現金勘定・札幌商店に対する売掛金残高を記入します。

伝票の量も少なく簡単な問題でしたので、是非満点を取りたいところです。

 

~ステップ1~

伝票を読み、仕訳を行う。

その際、札幌商店に対する売掛金がわかるようにしておくことがポイントです。

 

入金伝票No.1

(借)現金30,000 (貸)売掛金・札幌30,000

 

入金伝票No.102

(借)現金40,000 (貸)売上40,000

 

出金伝票No.201

(借)買掛金23,000 (貸)現金23,000

 

出金伝票No.202

(借)買掛金16,000 (貸)現金16,000

 

出金伝票No.203

(借)水道光熱費9,000 (貸)現金9,000

 

振替伝票No.301

(借)売掛金・札幌80,000 (貸)売上80,000

 

振替伝票No.302

(借)受取手形24,000 (貸)売掛金24,000

 

振替伝票No.303

(借)仕入53,000 (貸)買掛金53,000

 

~ステップ2~

ステップ1で行った仕訳を集計し、仕訳日計表を記入する。

次に、現金勘定を記入する。

最後に、札幌商店の売掛金残高を記入する。

 

第5問 財務諸表作成(配点30点)

決算整理前残高試算表と決算整理事項等にもとづいて、平成27年度の貸借対照表と損益計算書を作成する問題です。

基本的な内容でしたので、高得点が望まれます。

 

~ステップ1~

資料を読み、仕訳を行う。

 

決算整理事項等1

(借)通信費3,600 (貸)現金4,000

(借)雑損400

 

決算整理事項等2

(借)仮受金67,000 (貸)売掛金67,000

 

決算整理事項等3

(借)買掛金360,000 (貸)未払金360,000

 

決算整理事項等4

(借)貸倒引当金繰入14,000 (貸)貸倒引当金14,000

※(867,000円-67,000円)×3%=24,000

 24,000円-10,000円=14,000円

 

決算整理事項等5

(借)仕入273,000   (貸)繰越商品273,000

(借)繰越商品189,000 (貸)仕入189,000

 

決算整理事項等6

(借)減価償却費80,000 (貸)減価償却累計額80,000

※400,000円÷5年=80,000円

 

決算整理事項等7

(借)前払費用80,000 (貸)支払家賃80,000

※240,000円×2か月/6か月=80,000円

 

決算整理事項等8

(借)支払利息3,000 (貸)未払利息3,000

※600,000×2%×3か月/12か月=3,000円

 

決算整理事項等9

(借)未収収益24,000 (貸)受取手数料24,000

 

~ステップ2~

決算整理前残高試算表の金額にステップ1で行った仕訳を反映させて貸借対照表と損益計算書を作成する。

 

予想合格率と総評

合格率は50%前後と予想します。

基本的な内容がほとんどで、努力が報われる問題でした。